おしゃべりネット

明日からイタリアです。


11年ぶりのヴェネツィア詣でヾ(=゚・゚=)ノニャン♪
パッラーディオ設計の建物を見にヴィチェンツァの町へ、そしてジョットの壁画のあるパドヴァに滞在予定です。

ふと思いついて
ネイルも初めてのイタリアバージョンに
してもらいました( ̄◇ ̄;)


anliecat - pencil 2015年11月05日 - イタリア - pencil - コメントする

ローマ土産をいただきま〜す!

この夏ローマから帰国していたJunkoからの嬉しいお土産、
『Pane Carasaua(薄く香ばしいパン・カラサウ)』を昼食時にいただいてます。

これは、直径25センチ程の丸形のパリパリとしたうす〜いパンで、サルデーニャ州独特のパンなのです。

キリッと冷えたスプマンテにもぴったり!オリーブオイルと塩をかけて、パリパリ…あっと言う間に二、三枚はいけますにゃ〜(^-^)v

ローマ訪問時には、いつもサルデーニャ料理店に行くのを楽しみにしてるんだけど、未だサルデーニャ島へは足を踏み入れてない…。う〜、来年こそは。
anliecat - pencil 2012年08月16日 - イタリア - pencil - コメントする

スペイン広場へ続く道すがら


(=^_^=)チャオ!
anliecat - pencil 2012年05月20日 - イタリア - pencil - コメントする

サンタンジェロ城からの風景

サンタンジェロ城へ入ったのも初体験。ん〜、やはりローマは『深い』ニャ〜。
anliecat - pencil 2012年05月19日 - イタリア - pencil - コメントする

ローマに入ったよ


ローマ訪問十回目?にして、初めて入ったこの教会。いつも見てたのにね〜
anliecat - pencil 2012年05月17日 - イタリア - pencil - コメント: 1

ひぃえ〜なつかしの名前 アマンダだ!

☆[ペルージャ(イタリア) 3日 ロイター] 2007年にイタリアのペルージャで起きた英国人留学生殺害事件の控訴審で、当地の裁判所は3日、殺人罪に問われた元ルームメート、アマンダ・ノックス被告(24)とその元交際相手、ラファエル・ソレシト被告(27)に無罪を言い渡した。・・・
・・・ ケルヒャーさんは2007年11月、ノックス被告とルームシェアをしていたペルージャのアパートで半裸の状態で発見された。ケルヒャーさんの体には多数の傷跡が確認され、のどを深く切られていた。
 この事件では、コートジボワール人の麻薬密売人、ルディ・グエデ被告が殺害に関与したとして、禁錮16年の判決を受けている。当局の捜査では、ケルヒャーさんが縛りつけられた状態で刺殺されたとされ、証拠からグエデ被告の単独犯行ではないとみられていた。☆
動画はこちら

・・あれから早4年もたったのか〜。
すっかり忘れていました。この事件。
当時二週間程ローマに滞在中で、新聞もテレビも連日この話題でもちきりだったの。
ペルージャのその事件の現場は、在伊の友人が連れて行ってくれた おいしいチョコレート屋さんの近くで、
「こっちがアパートだよ」の友人の声を無視し急いでチョコレートを買ったのを思い出しました。

イタリア、アメリカ、英国、コートジボワール・・
関係者の国籍もバラバラの、なんともおぞましく、かつ奇妙な事件で、
イタリア滞在中、ずっと『アマンダ』という響きから逃げられず、
当時はだれもが彼女の有罪を信じていたような気がしてたけど・・

う〜、えん罪だったのか・・
果たしてこれで終わりなのだろうか。。



つづき・・
[続きを読む]
anliecat - pencil 2011年10月05日 - イタリア - pencil - コメントする

『RENARD BLEU 』で、ご機嫌さん♪

お誕生日おめでとう〜
遊び仲間のKiddyたんの『お誕生日会』&A嬢の『シチリアからお帰りなさい』の食事会で、
久しぶりの『ルナール・ブルー』へ。
ここは友人夫妻(シェフ&チーズソムリエ)がオーナーの 、人気のフランス料理店なのでする。



前菜の『秋刀魚のカルパッチョ(画像右下)』は 秋を感じさせてくれましたよ。
このあとは、夏にさよなら〜ってことで
スープに『じゃがいもと桃の加減が絶妙な』ビシソワーズを選択。
いつものことで、お料理の画像なんか撮ってる暇なく(汗)、
これ以降シチリア話に花を咲かせた3匹のネコでしたっ。



本日のスパークリングワインと、マダムAsako手作りの椅子。
パウダールームにも 秋の気配が・・
anliecat - pencil 2010年09月11日 - イタリア - pencil - コメント: 2

イル・ギオットーネ バール



イル・ギオットーネプロデュースのバールが四条烏丸界隈にオープンしてるということで,遅まきながら行ってきました。

各雑誌やブログのコメントが割と辛口で(味というより接客態度と値段)、ちょっと様子見してたんやけど、
本日、そろそろ行くかぁ〜と相成りまして。


11:30〜開店のはずが、本日は12:00〜ということで予約後散歩で時間つぶし。
さて、ランチ1000-、2500-…と聞いていたのだけど いきなり2500-〜のメニューを渡される。(土日は1000-ランチは無いのかニャ?)
席につくまえに、すでにスタッフ間での若干の行き違いあり・・で、もたもた。ちょっと不快。『あ〜各コメントの意味はこんなんかぁ〜』と妙に納得(~_~;)。

ランチ2500-は、前菜、パスタ二種!(つまりプリモ二種だぜ)、ドルチェ、カフェ・・にゃんて、前菜+パスタ二種は小胃袋の子猫さまには 無理な話。

結局、プロセッコハーフ(2000-・・これは旨かった!)とアンティパストミスト(前菜盛り合わせ1200-。友人は普通のトマトスパゲッティ(こんな感じに書いてあったもん)1200-。カフェ300-。
しめてひとり2500-也。

確かにお味は『美味しゅういただけました、はい』
ですが、また行くかというと、う〜む。かな。

一番気になったのはカウンター横のテレビ。なんじゃい!あれは。バンバンお笑い番組やっとるやんかぁ〜!(・・と心の内)


だれがプロセッコ飲みながら、2500-のランチのお供に『お笑い番組』見たがるっていうんじゃ〜。(おまけにクーラー効き過ぎで寒かったし〜)

あ、つい興奮してしまったぜ。失礼(^^ゞ。



友人『スミマセンけどテレビ消してもらえませんか?家にいてるみたいなので…』
スタッフ返事『あ、さっきまでスポーツやってたので、ついそのまま…』

友人とネコ一匹 『・・・』

相も変わらず、あつ〜い京都からの、「ちょいとガッカリ」のお話でしたっ。
anliecat - pencil 2010年08月07日 - イタリア - pencil - コメントする

やっと…



今回のROMAでの「CARAVAGGIO展」で購入してきた図録を開いてみたところです。

前回(9年前?)の展覧会にも、ROMA滞在中に偶然出会い堪能したのだけど「重い!」という理由だけで買って来なかった図録のことは、今回までずっと後悔し続けてきたの(涙)

「ぺてん師の爪は黒く汚れている」と書かれた誰かの本の中の一行を
「ホンマに汚れているわ」と確認出来たのも、30センチ?位まで近づいて見られたからなんだよ。だからやっばり「本物」を見たいんだにゃ〜
でもね、画面の上の方の細かい筆遣いは分かりにくいし双眼鏡は邪魔くさい。

今回の展覧会の図録は、そりゃあ重くて迷ったけど(だって旅の始まり2日目だもの)手に入れて良かったよ〜

拡大画面多数で、その筆づかいに圧倒されてます。



つま先、水滴、甲冑の光、肌に食い込む指先…、泣きたくなるほどだよ〜
anliecat - pencil 2010年04月06日 - イタリア - pencil - コメント: 2

トラットリーアR&R


今回のイタリア詣で。
偶然にも行き帰りのアリタリアが一緒だった「R&R」のシェフファミリー。
Romaでの総勢13名(イタリア人の友人達を含む)の夕食会は 賑やかで、
まるでイタリア人の食卓みたいに「うるさかった!?」(あは!)

そして、本日帰国三日目にして、再会 )^o^(

今日のパスタは
「手打ちタリオリーニ天使の海老トマトソース」です。

前菜には大好きな、タコのガーリックマリネ?も。

anliecat - pencil 2010年04月03日 - イタリア - pencil - コメントする